home · archive · links · projects

縱書樣式測試

蘭亭集序

永和九年、嵗在癸丑、暮春之初、會於會稽山隂之蘭亭、脩稧事也。羣賢畢至、少長鹹集。此地有崇山峻領、茂林脩竹;又有清流激湍、暎帶左右。引以為流觴曲水、列坐其次。

雖無絲竹管絃之盛、一觴一詠、亦足以暢敘幽情。是日也、天朗氣清、恵風和暢;仰觀宇宙之大、俯察品類之盛;所以遊目騁懐、足以極視聽之娛、信可樂也。

夫人之相與、俯仰一世、或取諸懐抱、悟言一室之內、或因寄所託、放浪形骸之外。雖趣舎萬殊、靜躁不同、當其欣扵所遇、暫得扵己、怏然自足、不知老之將至。及其所之既惓、情隨事遷、感慨係之矣。向之所欣、俛仰之閒以為陳跡、猶不能不以之興懐;況脩短隨化、終期扵盡。古人云:「死生亦大矣。」豈不痛哉!

每攬昔人興感之由、若合一契、未嘗不臨文嗟悼、不能喻之扵懐。固知一死生為虛誕、齊彭殤為妄作。後之視今、亦由今之視昔、悲夫!故列敘時人、錄其所述、雖世殊事異、所以興懐、其致一也。後之攬者、亦將有感扵斯文。

祇園精舎

祇園精舍の鐘の聲、諸行無常の響きあり。娑羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

遠く異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の祿山、これらは皆舊主先皇の政にもしたがはず、樂しみをきはめ、諌めをも思ひ入れず、天下の亂れん事を悟らずして、民間の愁ふるところを知らざりしかば、久しからずして、亡じにし者どもなり。

近く本朝をうかがふに、承平の將門、天慶の純友、康和の義親、平治の信賴、これらはおごれる心もたけき事も、皆とりどりにこそありしかども、まぢかくは六波羅の入道、前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、傳へ承るこそ心もことばも及ばれね。

その先祖を尋ぬれば桓武天皇第五の皇子、一品式部卿葛原親王九代の後胤、讃岐守正盛が孫、刑部卿忠盛朝臣の嫡男なり。かの親王の御子、高見王、無官無位にして失せ給ひぬ。その御子、高望王の時、初めて平の姓を賜はつて、上総介に成り給ひしより、たちまちに王氏を出でて人臣に列なる、その子鎮守府将軍良望、後には國香と改む。國香より正盛に至る六代は、諸国の受領たりしかども、殿上の仙籍をば未だ赦されず。

樣式碼見此


© Licensed under CC BY-NC-SA 4.0 if not specified otherwise.
Email: dzshy [at] outlook [dot] com